東芝加熱水蒸気オーブンレンジER-LD330で自家製パン作り。

新生活を始めるに当たり、新しくオーブンレンジを購入することにしました。
せっかくだからと思い切って多機能オーブンレンジを購入しました。
東芝の「加熱水蒸気オーブンレンジER-LD330」です。

肉料理、魚料理、お菓子まで多岐にわたる料理を作ることができます。
水蒸気で揚げ物の再加熱もべとっとならず仕上げることができるそうです。

ところが、思い切って東芝加熱水蒸気オーブンレンジER-LD330を購入したのは良いものの、その後数か月は加熱・解凍にのみ使用する日々が続きました。
宝の持ち腐れ状態というのでしょうか。

ある日、
「そろそろ、パンを作ってみようかな。」
と、思い立ちました。
もともとホームベーカリーをもっていたので、お任せコースで食パンを焼いたことはありました。
しかし、せっかくなので成型パンを作ってみることにしました。

一次発酵まではホームベーカリーにお任せでパンの形に成型したのち、二次発酵、焼きを東芝加熱水蒸気オーブンレンジER-LD330を使用して行うことになりました。
レシピには発泡スチロールの箱に熱湯を入れたマグカップを入れて二次発酵を行うとありましたが、オーブンレンジを持っていたおかげで、一定の温度で安定して二次発酵を行うことができました。

焼きの行程では、余熱の時間待ちがやや長かったものの、ふっくらと焼き上げることができました。
少し気になる点があるとすれば、ER-LD330の奥側と手前側とでは、焼き加減が微妙に異なり、焼きムラができてしまうことでした。

現在では週1回は必ずオーブンレンジを使用してパン作りを行っています。
思い切って購入した東芝加熱水蒸気オーブンレンジER-LD330のおかげで、毎回同じクオリティのパンを焼くことができ、旦那さんもおいしいと言って食べてくれいています。

岐阜県、超極太麺こってり系ラーメン屋「継承あっ晴れ関店」。

継承あっ晴れ関店はパチンコ屋の中に入っているお店になります。
券売機で食べたい商品の券を買いカウンターにて注文をする形となります。
その際に麺の硬さ、油の多さ、野菜の多さ等細かい設定まで注文することが出来、何度も通えるラーメン屋です。

継承あっ晴れ関店のお勧めは「ラーメン・全部入り」で麺硬め、油普通、野菜増し増し、そして極めつけは「ニンニク別皿」です。
ニンニク別皿で注文すると任意のタイミングで味を変えることが出来るので最後まで飽きずに食べられるからです。
価格は通常のラーメンで680円となっており、トッピングでプラスしてく形になっています。

ちなみに継承あっ晴れ関店お勧めの全部入りは1000円となっております。
他にも「まぜそば ノーマル780円」・「つけ麺 780円」等あり同じようにトッピングで値段が変わっていく感じになっています。
麺の量も変えられることが出来「3ばか(300g)~8ばか(800g)」と選ぶことが出来ます。

他にはギョーザやビール・丼物も少々有りますので券売機の前で何にしようか結構迷います。
接客は特に良いという事はありませんが、ラーメン屋ならではの活気がある感じです。

「いらっしゃいませ」等の声は大きいですしね。
特に嫌な思いはしないと思いますので是非、珍しい超極太麺を食べに一度は行ってみると良いかもしれません。

店名:継承あっ晴れ関店
住所:岐阜県関市池田町8-5
電話:0575-23-6688
営業:11時30分~15時00分、17時30分~23時00分の2部構成
休日:月曜日

東京都港区新橋にある炒飯のおいしい中華料理店「四季ボウ坊」。

東京都港区のサラリーマン町、新橋にある中華料理店「四季ボウ坊」さん。
おすすめの料理は咸魚炒飯と麻婆豆腐です。

咸魚炒飯(1000円)は何だかよくわからずに注文しましたが、後から聞いたところ、石もちを塩漬にしたものを混ぜた炒飯だそうで初めて食べましたが、ちょうど良い塩気がとても美味しいものでした。
ここではおすすめに挙げませんが、咸魚シリーズは他にも色々とあってどれも石もちだそうですよ。

ランチ麻婆豆腐(750円)の方はライスにスープに漬物と、よくあるタイプのセットです。
麻婆豆腐がよくある流行りの激辛を売りにしている店とは異なり、辛さのなかにも甘味を感じるものでした。

アルコール類はビールと紹興酒くらいで、あまり種類豊富ではないのが中華料理屋さんらしいです。
混んでる時間帯もあってか、四季ボウ坊の店員さん達がとても忙しく動き回っているので、お客さんの対応は、こんなものでやむを得ないという感じでしたね。

四季ボウ坊の接客は、中華料理屋によくある気取らない接客なので、気になる方もいらっしゃるかも知れませんが、私は特に気になりませんでした。
値段は本格的中華のわりにリーズナブルで満足のいく価格帯だと思います。

店名:四季ボウ坊
住所:東京都港区新橋2の9の16
電話:03-3503-4560

岡山市に住んでいる学生にオススメの「カレーハウス シェフ」。

私が紹介するのは岡山市にあるカレー屋シェフです。
最近できたカレー屋ですが、内装はシンプルでありとても入りやすい店です。
カレーハウス シェフの特徴は学生性と言う証明さえできれば、メガ盛りまでが通常料金と同じ値段で食べろことができることです。

メニューは基本的にチキンとバーブカレーのみですが、サイドメニューも豊富でありカツならばプラス10円で2倍の量にすることができ、それ以外のメニューも2品目以降ならば半額にできます。
量も多くサイドメニューをつけて800円、カレーのみならば500円ほどでお腹いっぱいになることができ、漫画も充実しており、食後に動けるようになるまで休憩がてら漫画を読んだらりして時間を潰したりすることもできます。

カレーハウス シェフの隣にはそれなりに大きいショッピングモールがあり、買い物帰りに寄ることもでき、ゲームセンターが近くにあるのでお昼の休憩などにも便利な位置にあるのでオススメです。
また、夜の11時半まで営業しているので晩御飯を食べるタイミングを逃した人や、自炊しない人にもお勧めでき、バイトや仕事帰りの食事にも便利な店です。
道路沿いにあり入りやすいので、カレー好きの方、お腹いっぱい食べたいかた、特に学生の方にはオススメの店です。

店名:カレーハウス シェフ
住所:岡山県岡山市北区中井町1-1-3
電話:086-263-3883

豆腐と湯葉なら名古屋市中村区の「八かく庵名古屋セントラルタワーズ店」。

「八かく庵 名古屋セントラルタワーズ店」は、豆腐料理、湯葉料理、京懐石を専門とするお店です。
メニューはほぼ豆腐づくしですが、作り立てのおぼろ豆腐や引き上げ湯葉はとろとろで、お豆腐の概念を変えてしまうほどの絶品です。

とくに夕どき御膳の「生湯葉と京とうふの豆乳小鍋」は初体験のお味でした。
京都の料亭で食べるお食事と遜色がないといっていいほどのお料理ばかりです。
コースによってはすき焼きやしゃぶしゃぶも楽しめるので、豆腐だけでなくお肉を食べたい方でも大丈夫です。

八かく庵の価格帯は少々お高く、ランチからディナーまですべて2000~4000円ほどとなっています。
懐石メニューばかりとなっていますが、おぼろ豆腐は食べ放題ですのでかなりのお得感があります。

八かく庵店内は和の雰囲気で統一され、一部のテーブル席・カウンター席からは名古屋の夜景を見る事もできます。
店員さんは礼儀作法がしっかりと身についており、美しい所作と言葉遣いで接客してくださいます。
客層も落ち着いた大人の女性が多く、ひとりでも複数人でも安心してお食事ができるお店です。

店名:八かく庵 名古屋セントラルタワーズ店
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 タワーズプラザ 13F
電話:052-533-2911

国際線センター近く、お値打ちランチ「さかなやま名駅本店」。

さかなやまは、お値打ちなランチが魅力的なお店です。
ランチのメニューは日替わりで5種類くらいです。
海鮮丼や生姜焼きなど、定食屋のようなメニューが多いです。

さかなやまの入り口にメニューが書かれたボードとメニューごとに色分けされたプラスチックのカードあり、メニューを選んでカードを持って入店するというシステムです。
お値段はメニューによって異なりますが、だいたい800円から900円の間でとてもお値打ちです。
メニューを決めてから入店して、オーダーもカードを店員さんに渡すだけなので、料理の提供が早いところもいいですね。

さかなやまは、ご飯のおかわりが自由です。
そして、無料で生卵がもらえます。
通路に生卵を入れたカゴが置いてあり、入店の際に各自で席に持っていくという変わったシステムです。

ご飯おかわり&生卵で、なんとランチメニューを食べたあとにTKGを食べられるというありたがいサービスです。
この食べ方は、たくさん食べるサラリーマンに人気の食べ方ですね。
完全にシステム化されているので、店員さんも非常にテキパキと働いていらっしゃいました。

店名:さかなやま 名駅本店
住所:愛知県名古屋市中村区名駅3-8-16 (地下鉄名駅ユニモール10番出口 北へ徒歩5分、国際センター駅から231m)
電話:052-588-5520

SDエイバルに所属する乾貴士選手の日本代表復帰に期待!

乾貴士選手は、現在、SDエイバルというリーガ・エスパニョーラのチームに所属しています。
彼のポジションは攻撃的なミッドフィルダーで、主にサイドを任されることが多いです。
乾貴士選手のプレイスタイルといえば、キレのあるドリブルで、多くの相手をほんろうしつつ、クロスやシュートなどを積極的に放っていきます。

そんな乾貴士選手は、海外移籍を果たしドイツでプレーしていく中で、一度スランプに陥ってしまいました。
冬至の所属先であった、フランクフルトでは、軽いプレーが散見されたことや、シュート精度の低さから、徐々に出場機会を失い、それまで呼ばれていた日本代表にも選ばれなくなっていたのです。
私は、乾貴士選手のプレースタイルが好きで彼のことを応援していたので、このことをとても残念に感じ、試合に出られないのなら日本復帰もありなのではと思っていました。

しかし、乾貴士選手がスペインのSDエイバルに移籍すると、スタメンを奪っただけでなく、プレーの軽さも徐々に改善され、素晴らしいゴールも奪ってくれました。
その働きは、チームにおいて高く評価され、乾貴士選手は現在欠かすことのできない主力として活躍しているのです。
私は、このことがとても嬉しいです。

乾貴士選手のこうした活躍が継続すれば、いずれ日本代表に復帰して、代表でも活躍してくれるのではと思うのです。
彼が、日本代表のユニホームを身にまとい、再び日本代表の一員としてプレーしてくれるのを期待します!

昭和最後の伝説の大横綱千代の富士の凄さとその魅力。

昭和の大横綱千代の富士は今でも語り継がれる名力士です。
小さい体で大きい相手をなぎ倒していく姿が千代の富士の魅力でした。

千代の富士は横綱になるまでに大変苦労した力士でもあります。
何度も脱臼をして番付を落として引退を考えた時期も何度もあったと言われています。

しかし千代の富士は脱臼癖がある肩を筋肉の鎧を身につけることによって克服しました。
体重も増えて前みつを掴む相撲に変えてから強さが増していきました。
初めて北の湖に勝利した相撲は感動的でこの相撲を観戦していた人は千代の富士時代の到来を予測していたと思います。

千代の富士が横綱に昇進してから他の力士とは自力が違いすぎるためしばらく千代の富士時代が続くことになります。
千代の富士の凄さは対戦して負けた相手の部屋を訪れて何度も稽古をして相手を研究するところです。

小錦と初めて対戦して負けたのですが、小錦の部屋に出稽古に行き何度も稽古をして小錦の弱点を見つけたといわれています。
それ以来千代の富士は小錦と対戦して勝ち越しています。
これだけ相手を研究した横綱はいないと思います。

しばらく千代の富士が続いたのですが35歳になった時に転機が訪れました。
後の大横綱となる貴乃花と初めて対戦して破れたのです。

しばらくして千代の富士引退してしまいました。
まだまだ現役で相撲をとれると思ったのですが、大横綱としてのプライドがあったのだと思います。
昭和最後の大横綱でした。