自己破産したら銀行口座は凍結される?

自己破産というと、今まで所有してきた財産はすべて処分しなくてはならないというイメージがあるかも知れません。
処分の対象となるもの、対象とならないものがありますので、どのようなものを残しておくことが出来るのかを知っておきましょう。
財産の処分につきましては、破産法によって定められているのです。

所有しているお金に関しましては、銀行口座などに預けている預金・貯金というのは処分の対象になります。

銀行口座の預金については、20万円までは処分しなくても大丈夫です。
口座開設している銀行から借入を行っている場合は、凍結されてしまうので注意が必要です。

参考:自己破産と銀行口座|破産後の凍結解除と口座開設!

自身が手元に現金として持っている分については、99万円までは処分しなくても大丈夫です。
ただし、銀行口座の預金ではなく、現金で99万円を持っているというのであれば、自己破産をせずともその他の債務整理方法を選ぶケースが多いのは実情でしょう。

もしも銀行口座に20万円以上を持っているという場合には、同時廃止にて申し立てをおこなうのではなく、少額管財事件として申し立てをすることになります。

そのような場合には、まず破産管財人が預金を管理、報酬などを差し引いた上で手続きが全て終わった後に残った分が本人の手元に戻ってきます。

また、その他の財産につきましては、自己破産をした後の日常生活をする上で必要な家電や家財道具などは処分する必要はありません。

あくまでも必要最低限のものに限られますが、例を挙げますと冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機や掃除機、エアコン、ベッド、タンスなどといったもの、そして洋服や靴なども処分の対象外になります。