宮城県で過払い金返還請求するなら弁護士に相談

money

過払い金の返還請求に対するCMを、ラジオなどのメディアを通じて最近良く見聞きすると思いますが、実は過去に消費者金融などからキャッシングを利用していた方にとって、多く払い過ぎた利息分である過払い金を取り戻すことが出来る機会が、そう長く先々まで無いことを表しています。
過払い金請求には最後の返済から10年という時効があります。

最高裁判所が過払い金の返還請求を認めてからもうすぐ10年が経とうとしています。
当時、判決を受けて消費者金融各社は金利の設定をそれぞれ見直す動きを取りました。
その近辺の時期に完済された方にとっては、もう時効がすぐ傍に来ていると言っても過言ではありません。

過払い金とは?弁護士に相談する理由

過払い金とは、貸金業法に含まれる利息制限法と出資法の法定金利の差であるグレーゾーンの部分が対象になるものですが、利息制限法が貸付金額に対して15~20%の金利設定でるのに対し、出資法の上限金利は29.2%と大きな開きがある為、グレーゾーン撤廃までの期間にキャッシングを利用していた方には、多額の過払い金が発生している可能性が高いのです。

過払い金の返還請求は、法律に詳しくない素人ではなかなか思うようなものにならないのが現実です。
例え過払い金の有無が分かり、直接消費者金融に返還請求したとしても、足元を見られて大きく割り引かれた金額で「和解案」を提案されてしまいます。
やはり過払い金返還請求は、弁護士への相談がベターだと思います。
目先の費用を渋って、大きく損することが内容にしましょう。

宮城県で弁護士に無料相談する

弁護士に相談し過払い金返還請求をすることで、確かに着手金や報酬など費用が掛かりますが、費用の支払いは戻ってきた過払い金から支払うことが出来るケースが多いので、事前に費用を工面する必要はありません。
報酬も戻ってきた過払い金の20%前後に設定されている場合が多いのではないでしょうか。

参考:宮城県の弁護士に無料電話相談

例え費用が掛かっても、元が取れるケースも多々あります。
例えば、過払い金にはその金額に対し利息をつけて請求する権利がありますが、個人ではなかなかそこまで踏み込んで交渉する術を知りえません。

自分で過払い金有無の調査をし、消費者金融業者から3割り引きの和解金を提示されて妥協するのが良いのか、宮城県の弁護士に相談し、費用を支払って満額返還を目指して解決するのが良いのかは個人の判断によります。
しかし、高額請求になればなるほど、専門家である弁護士へ相談することが取り戻せる金額に大きく影響することは間違いないと思います。

宮城県の対象地域

仙台市、石巻市、塩竈市、気仙沼市、白石市、名取市、角田市、多賀城市、岩沼市、登米市、栗原市、東松島市、大崎市