カフェ・トロワバグ、千代田区神田神保町の老舗喫茶

こちらのカフェ・トロワバグは、昭和51年(1976年)に雑居ビルの地下で開店した小さな喫茶店です。
こちらの店舗は、看板はでているが少々わかりにくく、急すぎる階段をおりてカフェ・トロワバグ店内に入ると横に広い造りとなっていて、落ち着いた雰囲気で、ノスタルジーな世界となっているためとても居心地が良いです。
扉を開けて正面のカウンター席は明るく、テーブル席は少々薄暗い造りとなっていて創業から変わることのない喫茶本来の香りとコクが楽しめます。

カフェ・トロワバグでおすすめなのは、オールドビーンズを使ったコーヒーはもちろん、雑誌やテレビでも紹介されていた「グラタントースト」が評判です。
グラタントーストは、ハムとゴーダチーズを挟んだサンドイッチにホワイトソースをかけて焼いたクロックマダムの応用版です。
注文を受けてから作り始めるため10分から15分程度かかります。

トーストは全部で3種類あり、全てにミニサラダが付いてくるので軽い食事にもなり、単品で660円、コーヒーセットにすると1300円となっています。
カフェ・トロワバグを利用されている客層の多くは、女性が占めています。

店名:神保町 カフェ・トロワバグ
住所:東京都千代田区神田神保町1-12-1 富田ビルB1F
電話:03-3294-8597