華之宴、堀切菖蒲園にあるリーズナブルでボリュームたっぷりの中華料理店

華之宴は、堀切菖蒲園駅から徒歩10分程度と多少離れた場所にありますが、おすすめの中華料理店です。
全体的に料金はリーズナブルで夜は飲み放題付のコースで3000円程度からとなっています。

そのため夜もお得ではありますが、華之宴で特におすすめしたいのはランチタイムです。
日替わりランチ定食が2種類用意され、なんと料金は税込みで500円です。

メインの料理はホイコーロー、野菜炒め、ニラレバなどですが、味も美味しくその上かなりのボニュームです。
メインの料理にご飯とスープ、サラダ、ミニデザートまでついて500円なので、本当にコスパが良いです。

華之宴は、日替わりランチ以外も麻婆豆腐・茄子定食や酢豚、エビチリ、八宝菜もあり、それぞれ600~800円くらいの価格で提供されているので、どの定食を頼んでも満足できます。
もちろん定食だけではなく麺セットや、丼セットもランチで用意されています。

ランチタイムによく利用しますが、もう何も食べられない!というくらいにお腹いっぱいになります。
そして、華之宴は店員さんも中国の方が多いようですが、いつもとても感じが良く接客して下さり、日替わりの500円では申し訳ないな…と思うほどです。

華之宴は、駅からは少し歩きますが、バス通りでわかりやすい場所にあるので、一度足を運んでみてほしいです。

店名:華之宴
住所:東京都葛飾区堀切6-34-3
電話:03-6662-9399

焼肉で有名な飯田市の老舗、京城園の豚ロースがオススメ

飯田市は日本一焼肉のお店が多い市として有名です。
毎年、焼來肉ロックフェスという野外焼肉とライブが楽しめるイベントも開催され、賑わっています。

数多くのお店の中でも、誰に聞いても美味しいお店というのは限られてきますし、やはり老舗が強いです。

私のオススメするお店、京城園も老舗で、個人のお店なので席も少ないですが、いつも夕方17時くらいから賑わっています。
京城園は平日も人気なので、先に混雑状況を確認、予約しておきましょう。

店名:京城園
住所:長野県飯田市上郷別府2311-1
電話:0265-23-7820

京城園は値段は全体的にちょっとお高めですので、奮発して打ち上げなどに行きたい時にオススメです。
メニュー自体は決して多くはありませんが、どれもこだわりの一品ばかりです。

豚ロース(一皿550円)
にんにくの効いた秘伝のタレにしっかり漬け込まれた味付け肉の為、タレを付けなくても美味しく食べられます。
京城園はお肉も良いものを使っているので、柔らかくて甘みがあります。

センマイ刺(一皿650円)
鮮度抜群と謳われている通り、コリコリしていて食感も良く、酢味噌と良く合います。

シメにはクッパ(600円)がオススメです。
塩分の少ない優しい味の卵スープは罪悪感なく飲め、胃もたれも軽減されます。
書いているだけでヨダレが出てきました。

一鶴 丸亀本店、香川県丸亀市にある極ウマ骨付き鶏の店

店名:一鶴 丸亀本店
住所:香川県丸亀市浜町317
電話:0877-22-9111

香川県の名物と言ったら、多くの人が「うどん」と答えるかもしれません。
でも他にも外せない名物があるのです。
それが豪快に食べたい骨付き鶏です。

香川県内にはたくさんの骨付き鶏のお店がありますが、やはり有名どころは「一鶴」でしょう。
香川県内に一鶴は数店舗ありますが、発祥の地が丸亀市で、こちらが本店となります。

骨付き鶏には、親鳥とひな鶏がありますが、親鶏はしっかりした噛みごたえで、ひな鶏はやわらかく食べやすい感じです。

スパイスがかなり効いているので、ビールと合うのは間違いなしなのですが、おにぎりと一緒に食べるのもたまりません。

お皿にしみ出たのスパイス効いたジューシーな鶏のオイルを、チョンチョンとおにぎりに浸けて食べると、小ぶりなおにぎりが何個でも食べられてしまいそうです。

一鶴の鶏だしの効いたスープもまた美味しい。
スパイスが相当効いているので、小さなお子さんなどは辛く感じてしまうかもしれませんが、とりめしなどもあるので安心です。

一鶴は有名店だけあって、観光シーズンにはやはり行列必須で、オープン前から並んでいます。
時間に余裕があれば、早めに行くのをおすすめします。

イル・プルチネッラ、福知山ではちょっとした有名店であるイタリア料理店

店名:イル・プルチネッラ
住所:京都府福知山市南町3-20-1 アールイン福知山1F
電話:0773-22-3751

京都府福知山市にもお洒落なイタリアン料理屋があるんです。

イル・プルチネッラは、ホテルの中にあるのですが、カジュアルな雰囲気なので入りやすいです。
お値段も気軽に行けるように設定されています。

しかし、イル・プルチネッラの料理の味は確かです。
シェフは調理学校に学んだ後に、本場イタリアでも修行をしました。
そのため、本格的なイタリアンを食べることができるのです。

イル・プルチネッラは、コース料理や単品料理が充実しています。
料理について分からない場合は、スタッフの方に聞けば快く答えてくれます。

パスタを注文する方が多いようですが、その種類も多いです。
好みはあるかもしれませんが、どれを頼んでも外れ無しです。

他にはリゾットも人気ですね。
他のメニューが気になって、リピーターになる人も多いようです。
ピザも頼みましたが、クオリティが高くて食べやすいボリュームでした。

料理については味も種類も大満足です。
イタリアンといえば、お店も雰囲気も重要です。
イル・プルチネッラは、南イタリアをイメージさせます。

席に座るとこだわりのインテリアがムードを作りあげ、落ち着いた空間になっています。
ファミリーやカップルを中心に、イル・プルチネッラは全ての方が利用しやすくなっています。

和食麺処かかし 大和郡山店、奈良県大和郡山アピタにある天婦羅店

和食麺処かかしは、2016年6月、両親と一緒に矢田寺へあじさいを見に行った後に、お昼ご飯のために訪れました。
当初はもっと矢田寺に近いところで食べるつもりが、上手くお店を見つけられなかったんです。

個別のレストランを探すよりは、最終的に「アピタへ行けば間違いないか」という感じになりました。
大きい駐車場もあるため、車の置き場にも困りません。

2Fのフードコートではなく、1Fの入り口すぐにあるレストラン街へ。
平日のため、和食麺処かかしは混んでいませんでした。
年配の両親と一緒なので、和食麺処かかしにすれば間違いがありません。

冷たい麺が大好きな私。
チェーン店のようなので「何か”特別感”のあるものが食べたい!」と思っていたら、その時(年)はちょうど季節限定の冷たいおそばがありました。
洋風の四角くて白い平たいお皿に、お蕎麦が盛り付けられています。

その上に、大根おろし・揚げた(焼いた?)おナスやかぼちゃなどの夏野菜・かつお節が載っていて、最後に揚げ玉や青ネギ・白髪ねぎ・ミニトマト・細く切ったのりが散らしてありました。

ちょっとお店の「和」のイメージとは違う盛り付けに、思わず写真を撮らせてもらいました。

店名:和食麺処かかし 大和郡山店
住所:奈良県大和郡山市田中町字宮西517 アピタ大和郡山店 1F
電話:0743-54-2624

東大門、北海道帯広市を代表する美味しい焼肉店

店名:東大門
住所:北海道帯広市西一条南十八丁目二
電話:0155-24-9171

こちらの焼肉店、東大門は帯広駅から徒歩7分圏内に位置し、観光お客様にも行きやすい場所であります。
東大門おすすめの料理は道内産のサガリ(850円)や上タン(900円)をはじめとし、十勝産の特選和牛カルビ(1500円)は絶品です。

都内の有名店にも負けない肉質で、このお値段はとても安いと感じます。
それに合わせて、ミスジ(800円)やツラミ(650円)などの希少部位も取り揃えており、バラエティーに富んだ肉もあります。

東大門の焼肉以外のサイドメニューに関しては、ご飯ものも豊富にあり、あんかけ焼きそばは特に人気メニューです。
予算は平均的にお一人様3000~4000円で、お腹いっぱい食べられるかなといった感じで、焼肉屋では平均的な価格帯だといえます。

東大門の席数に関してですが、16席とそこまで多くなく、四名掛けの小上がりが12席、四名掛けイスの席は2つ、個室は2つのみで、ロースターが二つ完備されています。(団体席用)
雰囲気としては老舗のログハウス調の開放的な作りとなっており、老若男女幅広い客層に愛されています。

気になる東大門の接客面ですが、昔ながらの一族経営+パートの方やっていて、親切かつ居心地のいい空間を提供しています。
時間は17:00~1:00までと比較的長い時間までやっているので、仕事終わりの方などでも行きやすいですし、飲み会なども時間を気にせず楽しめます。

帯広といえば花火や豚丼、インディアンカレー、ばんえい競馬が有名ですが、美味しい焼肉という選択肢もいいかもしれませんね。